ゴミの中にお宝が

東京の朝なんかを見るとすごくゴミがたくさん出ています。特に繁華街だとゴミが山積みになっていたりしてひどいものだったりします。そんなゴミを回収するのは自治体に委託を受けた回収業者です。回収されたゴミは焼却や埋め立てなど種類によって処理が決まっています。ところで、そういうゴミを分別する仕事があるのはご存じでしょうか?

ゴミの中に混じっているリサイクル資源を分けるのが仕事ですが、中にちょっと違う目的の人がいるそうです。その目的とは、ゴミに混ざった貴重品やお宝アイテムを探すこと。信じられないかもしれませんが、意外と間違ってお金や貴重品をゴミと一緒に出してしまうケースがあります。持ち主が気づいて届けることもあれば、気付かずそのまま処分場へ行くこともあります。それから、例えばオタク系アイテムやマニア向け商品などが捨てられている事もあります。なぜ捨てられたのかは分かりませんが、その中にまだ十分価値のあるものが混じっていたりします。特に秋葉原や中野から出るゴミの中には意外なお宝があるといいます。ゴミを分別しながらそういったものを探して回収する仕事というのがあるという話です。

表向きはゴミの分別係ですが、手に入れたお宝によってボーナスが出るともいいます。この仕事をするにはお宝グッズの鑑定眼が必要で、自分自身もマニアである事が条件です。ちょっと汚い仕事ですが、かなり割はいいらしくその筋では人気のある仕事だそうです。これも表には出ない求人なので希望者はツテを頼るしかないようですが…。あくまで噂程度の話ですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です